読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の為に沸かすミルク

哲学 文学 ビジネス 漫画 宗教

【三巻】浅野いにお『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション③』を読んだ

f:id:inunoibukuro:20170511171450j:image

 

『デデデデ』 三巻目です。

 

一巻目の感想はこちら↓

今回は涙と鳥肌が止まらない回でした。

つらい。

 

ではさっそく行きましょう。

 

 

 

 

以下ネタバレありです。↓

 

前回、

f:id:inunoibukuro:20170511171731j:image

こんな感じで終わったわけですが、

 

この墜落事故が悲しい事態を引き起こします……。 

f:id:inunoibukuro:20170511171852j:image

 

しかし門出たちはそれを乗り越えて、

日常を続けようと努力します……。

 

 

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511172102j:image

 

高校三年生である門出とおんたんは

早稲田大学を受験しました。

 

f:id:inunoibukuro:20170511172203j:image

 

結果は……

 

これから読む人もいるかも知らんので

一応伏せておきます。

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511172407j:image

これはおんたんが母艦になにやら

意味深なことを語りかけている様子です。

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511172524j:image

新キャラとの初接触も。

 

二巻では↓

f:id:inunoibukuro:20170512172318j:image

こういうシーンがありました。

 

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511172609j:image

おまえが言うな。

 

 

 

亜衣の弟(黒騎士ことしょうしろう)再び。

おんたんと気が合うんです。

f:id:inunoibukuro:20170511172718j:image

 

突然いなくなった四男しょうしろうを見つけ、

安堵する亜衣。

 

しかし怒らずに、

 

…そんな特技あるなんて

ねーちゃん知らなかったわ。

なんで教えてくれんの?

 

亜衣は本当にいいお姉ちゃんだね……。

f:id:inunoibukuro:20170511172821j:image

 

 

 

その後、卒業式。

f:id:inunoibukuro:20170511173048j:image

おんたん宛ての寄せ書き。

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511173200j:image

クラスのみんなありがとう!!

まったく記憶に残らないくらい

みんないい人たちだった!!

 

 

その後、仲良し組で

屋上にて将来の夢を語らいます。

f:id:inunoibukuro:20170511173350j:image

おんたんは相変わらず。

本心なのかふざけているのか。

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511173430j:image

はにゃにゃフワー!

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511173801j:image

たのしい高校生活だったね……。

 

 

 

 

では!

門出とおんたんの

今巻のハイライト。

f:id:inunoibukuro:20170511173634j:image

門出「…起きてたんだ。何してんの? 体冷やすよー……」

おんたん「…じゃあ温めてくれよ。」

 

門出「…私たち、…ちゃんとした大人になれるかな?」

おんたん「余裕でなれるよ。だって僕たちは、僕たちなんだから。」

門出「…うん。」

 

今回もよかった。 

ありがとう。

 

 

 

 門出は一人暮らしを始めます。

f:id:inunoibukuro:20170511174055j:image

 

 

 

そして……。 

とうとう侵略者の姿があらわに。

f:id:inunoibukuro:20170511174147j:image

 

侵略者を撃つシーンはかなりグロテスクで悲惨。

 

f:id:inunoibukuro:20170511174314j:image

言葉は解らないが、

命乞いをするかのような侵略者に

軍人もこの顔である。

 

 

 

ラストのナレーション……。

あの頃住んでいた街も、友達も家族も、

みんな消えて無くなってしまったけれど、

「8.32」が始まるまでの輝かしい毎日は

今でも忘れることはできません。

 

まるで昨日のことのように思い出します。

…それは例えるなら、怠惰な夏休みのような、

私とあの子のそれはそれは愉快な、

くそ平和な日々を。

 

8.32だって……!?

 

ううう、

次巻を読むのが怖いよう……。 

【二巻】浅野いにお『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション②』を読んだ

f:id:inunoibukuro:20170511153844j:image

 

表紙が涎おんたんだねえ。

かわいい。

 

浅野いにおさん『デデデデ』二巻読みました。

 

 

 

では早速あらすじと感想を書いてゆきます!

 

一巻はこちらの記事です↓

 

 

 

以下ネタバレありです。

 

 

今回は最初のほうから不穏な感じでした。

 

仲良し五人組のうちの一人、

キホが彼氏(小比類巻)とデート。

f:id:inunoibukuro:20170511155214j:image

 

しかし小比類巻はずっとスマホをいじっている。

 

不満げなキホ。

でもあえて口を出さない。

 

この間、西長福に小型円盤が堕ちた時、

…俺、事故現場のすぐ近くですぐ見てたんだ

 

ふと告白する小比類巻。

 

俺見ちゃったんだ……

円盤から投げ出された『侵略者』三人のうちの一人が、

どさくさに紛れて住宅地に逃げていくのを……

 

えらいこっちゃ。

 

でもニュースじゃ二人死亡としか伝えてないだろ?

きっと逃げた三人目は情報規制されてるんだよ……

 

小比類巻の話に付いていけないキホ。

 

f:id:inunoibukuro:20170511160109j:image

おんたんや門出たちへの思い(疎外感)、

小比類巻への思いを爆発させる。

 

 

その後キホはおんたんたちと合流します。

f:id:inunoibukuro:20170511160419j:image 

いつも通り毒を吐くおんたん。

 

しかし泣き出してしまうキホ。

おろおろする四人。

 

おんたん、

キホのスマホで小比類巻からのメールを見て

…ふん。

きっも。

と言いながら、

f:id:inunoibukuro:20170511160709j:image

おお!

美しい友情……。

 

 

その後クリスマスパーティで

亜衣のお家へ行ったり、

f:id:inunoibukuro:20170511161130j:image

 

新キャラが登場(一巻の最後にも出てきましたが)したり、

f:id:inunoibukuro:20170511161412j:image

 

ひろし(おんたんのお兄ちゃん)も相変わらずですが、

f:id:inunoibukuro:20170511161515j:image 

 

 

f:id:inunoibukuro:20170511162617j:image

今回も最後は不穏に終わっていますね……。

 

 

そんな感じ。

 

 

三巻が楽しみです。 

 

【一巻】浅野いにお『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション①』を読んだ

f:id:inunoibukuro:20170510191026j:image

 

略して『デデデデ』というらしい(公式)。

やーん、略しすぎ。

 

 

浅野いにおさんは、

『うみべの女の子』と

おやすみプンプン』を途中まで

読んだのですが、

プンプンの方は読むのが辛くてどうも……。

愛子ちゃんがめちゃくちゃ可愛いので、

愛子ちゃん見たさに8巻くらいまで読みましたが。

そのうち最後まで頑張ります。

 

 

ではデデデデのあらすじ、

感想を書いてゆきます。

 

 

 

以下ネタバレです。

 

 

 

 

 f:id:inunoibukuro:20170510191146j:image

 主人公は小山門出(こやまかどで)。

 

ショートヘアに眼鏡の女子高生です。

笑顔が可愛い。

f:id:inunoibukuro:20170510214058j:image

 

 

 

幼馴染で親友の中川凰蘭(なかがわおうらん)。

あだ名はおんたん。

f:id:inunoibukuro:20170510192019j:image

門出よりもおんたんの方がキャラが濃いので、こちらのほうが目立ちます。

 

f:id:inunoibukuro:20170510204122j:image

顔から液体を垂れ流し気味のボクっ娘

眉毛とツインテールがキュートです。

 

f:id:inunoibukuro:20170510205208j:image

f:id:inunoibukuro:20170510214123j:image

顔芸が得意で、

 

あとラジオでニュースを聞くのが日課。

 

 

 

二人は仲良し。

f:id:inunoibukuro:20170510192331j:image

 

 

 

 

あらすじは

3年前の8月31日。

突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、この世界は終わりを迎えるかにみえた――

その後、絶望は日常へと溶け込んでゆき、
大きな円盤が空に浮かぶ世界は
今日も変わらず廻り続ける。

Amazonより)

 

みたいな感じですが、

あらかた「門出と愉快な仲間たち」

という感じでストーリーが進んでいきます。 

f:id:inunoibukuro:20170510204304j:image

f:id:inunoibukuro:20170510214138j:image

この仲良し五人組のやりとりが楽しい。

 

ちなみにこれが母艦。

f:id:inunoibukuro:20170510203559j:image

 

 

しかし……、

途中で

でもそれはそれでひとつの幸せだったんだと、今となってはそう思います

とか不穏なナレーションが入ったりします。

 

この平和な日常はいつか壊れてしまうのでしょうか……。

 

 

 

あとおんたんの

人類にとって本当の脅威は「侵略者」じゃなくて僕だってことを、飼い馴らされた豚共にいつか必ず思い知らせてやるんだ。

などの台詞があり、

これは単純に厨二病的な発言なのか、

それともなにか計画があるのか……。

 

なんだか訳知り顔をしたりするおんたん。

何か秘密を持っているのかな?

 

今後の展開が気になります。

 

 

 

 

で! 

私が特に注目したいのは

門出とおんたんの関係です。

f:id:inunoibukuro:20170510220942j:image

f:id:inunoibukuro:20170510221131j:image

f:id:inunoibukuro:20170510214312j:image

f:id:inunoibukuro:20170510214229j:image

嫉妬したり心配されたり、

でも結局お互いがお互いを信頼している。

理想の距離感ですねえ。

 

 

 

そんな感じ。

 

 

 

あ、あと。

おんたんのお兄ちゃんがなかなか。

f:id:inunoibukuro:20170510214351j:image

顔の中央だけイケメン。

 

読んでみてね。 

 

二巻感想はこちら!↓

 


 

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を読んだ

f:id:inunoibukuro:20170509000045j:image

 

平尾アウリ(ひらおアウリ)さんの

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』

を読みました。

 

 

 

以下ネタバレありです……。

 

 

 

 

■あらすじ■

主人公の「えりぴよ」は二十歳無職の女性で、

地下アイドルグループ「Cham Jam」の

市井舞菜」に人生をかけている。

 

f:id:inunoibukuro:20170508225942j:image

 

舞菜はシャイで内気な性格が災いしてか、

グループ内のランキングでも最下位。

 

えりぴよは舞菜が武道館に立つ日を夢見て、

全力で応援する。

 

f:id:inunoibukuro:20170508230902j:image

 

というストーリー。 

 

 

 

この漫画の見どころは

 

■舞菜が可愛い

■えりぴよの舞菜に対する愛情

■ファンとアイドルの複雑な関係

 

 

 

 

◎舞菜が可愛い。

 

f:id:inunoibukuro:20170508225850j:image

こちら舞菜ちゃん。

 

主に舞菜推しのえりぴよの視点で描かれるので、

読者の私も自然と舞菜を推してしまう。

 

ページをめくるたび舞菜を探してしまうんだ……。

 

もちろん他のメンバーたちも可愛いです。

 

 f:id:inunoibukuro:20170509000039j:image

 

 

 

 

◎えりぴよの舞菜に対する愛情

 

f:id:inunoibukuro:20170509000142j:image

 

この真っ直ぐでひたむきな愛ですよ。

 

f:id:inunoibukuro:20170509111933j:image

 

舞菜はえりぴよのどストレートさに

照れてしまって

なかなか正直になれないんです。

 

それゆえ塩対応(えりぴよにだけ)なんですが、

えりぴよは「それでも好き!!」

と舞菜への気持ちを強めていきます。

 

 

戸惑いながらも、

心を動かされてしまう舞菜……、

すっごく可愛い。

 

f:id:inunoibukuro:20170509000555j:image

 

可愛い!!

 

 

 

◎ファンとアイドルの複雑な関係

 

f:id:inunoibukuro:20170509112530j:image

 

アイドルの「釣り」とか

 

※釣りとは

アイドルが自分のことを好きにさせるような仕草や表情をすること

http://sabanavi.com/net/tsurishi/

 

それに惑わされるファンとか

 

f:id:inunoibukuro:20170509112940j:image

 

 「好きなアイドルを選挙で一位にしたい!」というファンの気持ち、

自分のために頑張ってくれるファンに心動かされるアイドルとか……。

 

f:id:inunoibukuro:20170509113151j:image

 

特に印象に残ったのは、

生誕イベントの準備中の一コマ。

 

くまさん(上の画像の小太りの眼鏡さん)に対して

他のファンが「こんなに盛大にやって毎年大変じゃないですか」

と声をかける。

 

するとくまさんは

「いつ最後の誕生祭になるかわからないからね」

と。

 

 

 

切ねえ……。

 

 

という感じ。

 

読んでみて。

 

 

なぜスリザリオ(slither.io)にハマるのか

 

f:id:inunoibukuro:20170426162005p:image

スリザリオ。
ミミズを操作し、
他ユーザーのミミズを倒し、
その残骸を食らうゲーム。

 

食えば食うほど大きくなり、

大きくなればなるほど、成績(ランキング式なのだ)も上がる。

 

  

始める前に、ミミズのスキンが選べる。

f:id:inunoibukuro:20170426162206p:image

f:id:inunoibukuro:20170426162215p:image f:id:inunoibukuro:20170426162226p:image

f:id:inunoibukuro:20170426162244p:image

 

多種多様。

この他にも結構色々ある。 

 

 

で、やってみた。

 

f:id:inunoibukuro:20170426162533p:image

 

一番キモチワルイ

スキンを選ぶ。

 

顔の真ん中にある黒い丸はなんなのか。

目なのか、模様なのか、穴なのか。

 

 

周りに散らばる光のつぶつぶを食べて

コイツを大きくしていく。

 

f:id:inunoibukuro:20170426162548p:image

 

ほら。

 

f:id:inunoibukuro:20170426162552p:image

 

頭が他ミミズの体に当たると、砕ける。

砕けた体は、他ミミズの食料となる。

 

中央の緑色の光っている残骸が、ワタシ。

 

そこらへんに落ちているつぶつぶより、

他ミミズの肉のほうが、栄養価が高い(すぐ成長することができる)。

  

二十分後。 

f:id:inunoibukuro:20170426164030p:image

f:id:inunoibukuro:20170426164038p:image

 

左下のランキングを見て。

ね。

ちょっと上手になったでしょ。

 

 

三時間後。

 

f:id:inunoibukuro:20170426161506p:image

 

三時間で百ぺんくらい死んだ。 

 

見た目に愛情が湧かないので、
すぐやられてしまう。

 

f:id:inunoibukuro:20170426170007p:image

f:id:inunoibukuro:20170426170019p:image

f:id:inunoibukuro:20170426170038p:image

f:id:inunoibukuro:20170426170438p:image

 

 

 

なんで三時間もプレイしたのか。

ハマったからです。

 

 

ミミズが食ったり食われたりする単純なゲームに。

 

どうしてか。

 

どうでもいいです。

  

どうでもいいですが、

以下の結論を出しました。

 

 

 

その一。

初めからになっても、

大きくなるまでが早い。

f:id:inunoibukuro:20170426170623p:image

f:id:inunoibukuro:20170426170628p:image

この間わずか三分。

三分足らずでランキング真ん中あたりまで

攻めることができる。

 

だからやられてしまっても、

すぐ「もう一回!」ってなっちゃう。

 

 

 

その二。

他ユーザーに翻弄される。

 

ミミズ、基本の移動はかなりゆっくりなんですが、
自分の大きさを犠牲に、ダッシュができるんですね。
それを利用して自分より小さいミミズを囲い込んだり

f:id:inunoibukuro:20170426170007p:image

f:id:inunoibukuro:20170426171146p:image

素早く回り込んだりして、

f:id:inunoibukuro:20170426171205p:image

上手く仕留める。

 

やられた方は、「キィーッ」ってなる。

 

 

 

 

その三。

ゲームオーバー後、

自分のミミズが食べられている場面が映る。
f:id:inunoibukuro:20170426170933p:image

吸い込むように食われていますね。

やられた途端、四方から
ミミズたちが集まってくるのだ。

とても悔しい。

 

 

 

 

そんな感じ。

 

時間を奪われてもいい人は、

ダウンロードしてみて。

 

私はアンインストールしました。

 

以上。

 

 

『いつか別れる。でもそれは今日ではない』を読んだ

 

f:id:inunoibukuro:20170423200842j:image

 

 

読んだ。

 

そもそも著者の「F」氏とは。

・男性(F氏の性別については他ブログの方から言及がありましたが、F氏の以下のツイートを見る限りやはり男性かと思われます)

f:id:inunoibukuro:20170527154333j:image

Twitterでフォロワーが10万人超え(‪@No_001_Bxtxh ‬)

・既婚者

・新宿に住んでいる

 

 

本についていたプロフィール。

 

 f:id:inunoibukuro:20170423220255j:image

 

 謎の人物である。

 

 

f:id:inunoibukuro:20170423222738j:image

 

 

 

 本の中身を、いくつか抜粋する。

 

 


好きなものを訊くのって、ちょっと失礼になるかもしれないと今でも思っている。その人が必死で探したものをすんなりと教えてもらうというのは、正しくないのである。本人にとって、好きなものとは、そのくらい神聖不可侵で、尊厳と孤独に満ち溢れている。

 

憧れは、傷つきたくないという距離だ。好意は、傷ついてもいいという覚悟だ。

 

(001 憧れと好きの違いについて)

 

 あくまで主導権を自分に置き続けること。我慢は一切しないこと。好きなようにやること。そして好きなようにやっている自分を好きになってもらうことだ。

 

未来はない関係も、それはそれで甘くていい。でも本当に変えたいと思っているならば、ゆずれない軸を持って、相手と面と向き合うことだ。それを相手に認めさせることだ。

 

(012 都合の良い女と、悪い女の違い)

 

ボディタッチで落ちるような男はボディタッチで落ちるようなアホでしかないように、見た目をどうにかしたら落とせるような男は、最初から落とす価値など、ない。

 

サラダはとりわけなくてよし。無理に笑わなくてよし。季節感なくてよし。ピンクの服を着なくてよし。スマホの画面も割れててよし。生きていればよし。ただ好きなように好きなことをする自分のことが好きな人しかもう愛さなくてよし。

 

(013 女子力を死語にしましょう)

 

好きなものを好きだと言い続けないと、好きな人は寄ってこない。そして嫌いなものを嫌いだと言わないと、嫌いな人は離れていかない。いつでもどこでもそうだ。

 

必要なのは、嫌われる勇気より、好きなものを好きだとシンプルに言い続けることだと思う。

 

(024 嫌われる勇気なんて必要ない)

 

好きな人が二人以上いたらダメだと、誰が決めたのだろう。別の人が別の色彩と強度で同時に愛して、何が悪いのだろう。

 

ずっと好きでいるには、どうしたらいいかと悩む人もいる。これが、最も普遍的な悩みかもしれない。何かをしなければならないだなんて義務は、そもそも私たちには一つもないのに。

 

いつか別れる、でもそれは今日ではない。それだけでいいじゃないか。

 

(056 いつか別れる、でもそれは今日ではない)

 

 

うーん、カッコいい。

このタイトルとこの表紙で、

著者が男性というのが素敵ポイント。

だと思う。

 

男性から見た素敵な女性の姿が描かれています。

 

こんな女性が目の前に現れたら、

同性でもクラっときちゃうでしょうね。

 

 

最後におすすめの章を上げておきます。

「悪女入門」

「都合の良い女と、悪い女の違い」

「色気と教養」

「嫌われる勇気なんて必要ない」

「もらったものではなく、あげたものしか、この世に残らないということ」

「二十歳の時に知っておきたかったことリスト」

「いつか別れる、でもそれは今日ではない」 

 

 

読んでみて。

 

 

以上。

 

 

進撃の巨人 シーズン2 ED 「夕暮れの鳥」を訳す

 

進撃の巨人 二期 エンディング

神聖かまってちゃん「夕暮れの鳥」の歌詞を

 和訳してみました。

 

 

f:id:inunoibukuro:20170423141542j:image

 

 

Sitting in our cage

鳥かごに座っている

 

Shall we see innocent scarlet?

無垢な緋色(判事など高い地位の人間を表している?)を見ないかい?

 

Wait tomorrow

明日を待て


Go today

今日を行け


Go today morning

今日の朝を行け

 

Give it up

放棄せよ


The scar will stay

傷は残る


Go tomorrow

明日を行け


Every single day

その日その日を

 

It is next to you

次はあんたの番だ

 

 


Shining who are

輝くのはあんただ


Fooled us

愚かなぼくら


Now we have to
Decide who is our clan

だれが仲間なのか判断すべきだ

 

Surely, you know

きっとあんたは知っている


Because I have a dream I fight on

ぼくは夢があるから戦うんだ


Come over me everyone

すべてがぼくを支配しようとする

 

Feel again with me

もう一度感じよう

 

 

 

So again I catch your sleeve

もう一度ぼくはあんたの袖を捕まえる


A sweet story

甘い話さ


Wait tomorrow

明日を待て


Go today

今日を行け


Go today morning

今日の朝を行け

 

Give it up

放棄しろ


The scar will stay

傷は残る


Go tomorrow

明日を行け


Every single day

その日その日を


It is next to you

次はあんたの番だ